現地在住者が語るスペイン屈指のリゾート地マラガ地方の観光スポット10選

昔からスペインは日本人には人気の観光地ですが、スペインでも屈指のリゾート地コスタ・デル・ソルには世界中から多くの人が訪れています。

コスタ・デル・ソルとはスペイン語で「太陽の海岸」という意味ですが、名前の通り年間通して太陽光にあふれ、平均気温は19℃年間降雨量も17%なので、ヨーロッパ近隣諸国はもとより、スペイン国内からも多くの人が訪れるリゾート地です。

ここではマラガ地方の見所と女子旅のオススメスポットをご紹介していきます。

マラガはどんなところ?

マラガは南ヨーロッパの玄関口ともいわれ、古くから交易も盛んで地中海に面しているスペインでも人気のリゾート地です。

年間日照日は300日以上で、元々は温暖な気候を求めてイギリスの退役軍人がマラガ隣町のトレモリノスに移住してきたのが最初です。

それを皮切りに、マラガは北と南に観光地として急速に発展していきました。イギリスについでEU圏内からのドイツや北欧からの入植者も多く、その他同じ言語を話すので南米諸国からの移民も多い地域です。

通りを歩いていても世界中の様々な言語が聞こえてくるコスモポリタンな都市でもあります。

定番のオススメ観光処

それではマラガ地方に来たら一度は行くべきオススメの観光処をご紹介します。

ヒブラルファロ城

港から山間部に上がっていったところにあるお城です。11世紀イスラム時代に建てられ、現在残っている城壁は14世紀にユスフ1世が築いたもので港と町が一望できます。

お城といっても港からの敵の侵入を見渡す城塞の役目が強く、あとは兵士たちの住居として使われていました。

アルカサバ

古代ローマ時代の要塞の上に11世紀イスラム王によって建てられた城砦です。地中海を臨む港であるマラガの軍事上の砦として重要な意味をなしていました。

アルハンブラ宮殿の規模をずっと小さくしたもので今も残っている庭園と、当時は王と妃たちの居住部分がありました。当時はアルカサバとヒブラルファロ城は行き来ができる道がありましたが、現在は塞がれています。

大聖堂

イスラム時代の大モスクの敷地跡に16~18世紀にかけ多くの年月を費やして建てられたキリスト教寺院です。

当初は2つの塔が建造される予定だったけれど、資金面の問題があり一つの塔しか完成できなかったので、地元では「片腕の貴婦人」と呼ばれています。現在でもキリスト教の教会としてミサ等が行われています。

ピカソ美術館

美術工芸の教師だった父と普通の主婦だった母との間に、11人の兄弟の長男としてピカソはマラガで生まれました。生家があって子供の頃よく遊んだというメルセ広場にはピカソがベンチに座っている銅像と博物館があります。

ピカソ美術館は広場から徒歩圏内にあり、5つの展示区分があって時代ごとの作品が展示されています。シーズン中はかなりの混雑が予想されますので、チケッはネットで事前に予約購入していくことをすすめます。

マルケス・デ・ラリオス通り

有名ブティックや素敵なお店、おいしそうなレストランやカフェが並ぶ、常に人通りがたえることがないマラガのメインショッピングストリートです。

ウインドウショッピングだけでも充分楽しく、年末の華やかなイルミネーションは圧倒される華やかさで、一見の価値があります。

マラガ地域オススメスポット番外編

マラガからちょっと足をのばしたオススメスポットをご紹介します。

2つの白い村

ミハス

日本人には人気の白い村のミハスです。町から車で30分、電車(50分)、バス(20分)を使っても行けます。

見どころは展望台からの景観とスペインで一番小さい闘牛場の他、ミニチュア博物館もオススメです。

フリヒリアナ

ミハスとは逆方向でマラガから海岸線を北上して山間部に入ったところにあるミハスとは違う雰囲気の可愛い白い村です。

ヨーロッパのバルコニーと呼ばれているネルハもすぐ近く、車で1時間、公共バスも運行しています。

女子旅オススメスポット

ここでは特に女性同士で来た場合のオススメスポットをご紹介します。

ビーチでのんびり

欧米人の楽しみ方をまねて、ビーチリゾートなのだからとにかく何にもしないで、ビーチで1日ゆっくり過ごしましょう。

7・8月を除けばどこのビーチもそれほど人は多くないので、ゆっくり過ごせます。日本の夏のビーチといえば若者のナンパのメッカですが、こちらではそんなことはありません。

あらゆる年代の人が友人同士、カップル、家族連れで楽しむところです。年配者が多いのにびっくりすることでしょう。

またトップレスはOKなので、勇気があったらトップレスで日光浴挑戦してみてはいかがですか。

フエンヒローラ蚤の市

マラガから出ている電車Renfe終点駅フエンヒローラで、毎週土曜日蚤の市が開かれています。マドリッドの蚤の市は有名ですけれど、フエンヒローラも近隣から多く人が訪れる人気のフリーマーケットです。

中古品とは思えないような新品同様の商品が超安く手に入ります。たとえ買わなくても売られている色々な商品見るだけでもかなり面白いですよ。フェリアが開かれる屋外スペースで10時から14時まで。

ディスコテック

スペイン人はとにかく踊ることが大好きです。大抵結婚式では式の後参列者全員で何時間も踊るのが普通です。

だからディスコテックも日本のように若い人専用ではなく年配者もいけるディスコがたくさんあります。ディスコシーンを見るのはスペイン文化に触れる良い機会ともいえます。

それに年齢に関係なく日本女性がモテることを保証します。

まとめ

旅は行く場所にかかわらず、日常空間から離れて異質の体験ができるまたとない機会ですね。

スペインはご夫婦でも恋人同士で来ても充分楽しめますけれど、女子旅がオススメなのはこちらでは特に日本女性がモテるからなのです。

実際の年齢よりも若く見えていくつになっても可愛らしい感じのする日本女性はとても人気があります。

それは別としてもマラガ地域はちょっとした穴場もあるので、ユニークな旅を味わうことができます。気心の知れた女友達とのマラガ旅行をぜび楽しんでください。

最新情報をチェックしよう!