恋愛で平常心を保つコツとは?冷静でいる事のメリットと感情的にならないコツ

恋は盲目、と人は言います。確かに恋をすると、日常生活がキラキラして、その人しか見えなくなってしまいますよね。その上、好きな人の前では平常心を保てなくなってしまいます。

下手をすれば挙動不審になったり、変なことを口走ったりしてしまう可能性だってあります。できれば、恋愛で平常心を保ちたいし、何よりも、好きな人の前では毅然な態度でいたいですよね。

平常心を保てなくなる理由

なぜ、そもそも恋愛で平常心を保てなくなるのでしょうか?ここでは平常心でいられなく心理的要因についてみていきましょう。

興奮ホルモンの関係

人間のホルモンが大きく関係しています。人間は魅力的な人を目の前にすると、興奮状態に陥りやすいということが研究によって分かっています。そのような状態になることで、冷静な判断力を失ってしまいます。

緊張してしまうため

好きな人を目の前にすると、相手の前での振る舞い方がわからなかったり、相手のことが好きなことを悟られないように変に取り繕おうとしたり、逆に相手に自分を良く見せようとすることで過剰に神経を使うことで、緊張状態になってしまいます。

恥ずかしいため

好きな人が現れた時は、自分が相手にどのように映っているのかを強く意識します。途端に自分の行動が恥ずかしくなり、平常心を保てなくなってしまいます。もう1つの原因としては、「慣れ」が足りていないことです。人間誰しも慣れていないと、自信を持つことができず、恥ずかしさが勝ってしまいます。

焦ってしまうため

相手との仲を急発展させようとしたり、独り占めしようすることで焦り、自分を見失ってしまう可能性もあります。さらに、自分の見た目や内面に自信がないことも焦る原因の必要になります。相手に釣り合わないのではないか、相手に好かれないのではないかと、思うことで不安になってしまいます。

平常心を保つコツ

では、恋愛で平常心を保つコツとは一体何なのでしょうか?前述した心理的要因を踏まえ、実際に平常心を保つためのコツを見ていきましょう。

会う回数を意識的に減らしてみる

実は人は、会う回数が多くなれば多くなるほど相手のことを魅力的だと判断してしまうという研究結果があります。1回しか合わなかった人よりも、10回会った人の方が、はるかに好感度が高くなります。

ですので、あえて会う回数を減らすことで、自分の中で相手への気持ちを落ち着かせる、いわば冷却期間を作るという方法です。過剰に相手を意識してしまう場合は一度相手への気持ちを落ち着かせましょう。

一時的に連絡を絶ってみる

好きな人には思わず連絡を取りたくなってしまいます。疑問を投げかけて返信を狙ったり、スタンプしか送られてこなかったのに無理やり会話を繋げようとしてしまいますよね。

ですが、平常心を保ちたい人にとっては、連絡をすること事態が危険。いつ返事が来るのか、どんな返事が来るのか気にしてしまうからです。気にする時間が長いほど、ますます相手のことが気になり、平常心を保つことがどんどんできなくなってしまいます

相手との連絡に振り回されてしまうようであれば一度連絡を絶ってみるのもおすすめです。連絡をこちらからしないことで相手からの連絡が全くこないようであれば、所詮あなたはその程度にしか思われていません。脈ありと脈無しの判断材料とすることもできるでしょう。

相手の短所を見てみる

恋をしている相手のことを客観的に見て見ましょう。そして、相手を少し疑って見ましょう。果たして、今自分が好きな人は、本当に自分を大切にしてくれるでしょうか?何か悪い癖はないでしょうか?もしかするとたとえ付き合えたとしても、あなたは幸せになれないかもしれません。

恋は盲目で相手はまるで完璧な人間のように感じられます。しかし人間には短所があります。相手の良いところばかりでなく、短所を持ち合わせている普通の人間だと意識して、冷静に彼を見つめ直してみましょう。

自分に自信を持つ

平常心を保てなくなってしまうのは、自分への自信の無さが原因ということも考えられます。好きな人と堂々と張り合うためにも、外見、内面に自信を持つことが必要です。

外見はメイク、エステや日々の肌や髪のケア、筋トレなどで美しく保ち、内面は自己啓発本を読んでみたり、プラスな影響を与えてくれる人と過ごす時間を増やしてみるといいでしょう。

努力をすることで「自分は大丈夫だ」と思えます。その自信が、毅然とした、余裕ある態度を取ることを可能にしてくれるでしょう。

熱中できることを見つける

好きな人のことばかり考えていては、集中できませんよね。果たして恋愛が上手くいくのか、相手がどう思っているかなどを考えてしまって心に余裕がなくなってしまいます。なので、他に熱中できることを見つけましょう。

スポーツ、旅行、カフェ巡り、友人との遊び、飲み会なんでもOKです。相手のことを考えてしまう時間を減らし、一時的にでも相手のことを心から追い出しましょう

他の男性にも目を向ける

好きな人がいる段階ではあなたはフリーです。他に好きな人を作っても、気になる人が何人いても、ダメということは原則ありません。

まずは好きな人にしがみつくのを一度やめてみましょう。他の男性に魅力的な人がいないか目を向けるのは悪いことではありません。相手への執着を一度取り除くために他の男性との出会いの場に行ってみるのも良いでしょう。

平常心でいるとこんないいことがある

平常心でいれば数々のメリットがあります。人は興奮状態や緊張状態、不安状態にいるとなかなか正常な判断ができなくなってしまうからです。平常心でいるコツを掴み、冷静に考えて振る舞うことで、恋愛がうまく行く可能性が高まるというものです。続いては平常心でいることのメリットをご紹介します。

相手に振り回されない

平常心を失ってしまう状態とは、相手に盲目的に依存している状態。反対に、平常心をしっかりと持っていれば、自分の意思で行動することが可能です。

相手とは一定の距離をおくことで、相手の言動に一喜一憂しなくて済みます。何より、傷つかなくて済むのが大きいメリットです。心が安定すると悩む必要性も無くなってきますし、生活全体に余裕が生まれます

相手から魅力的に映る

恋愛では余裕のある方が、恋愛がうまくいく可能性が高いというメリットがあります。それは人には心理的リアクタンスという特質があるからです。これは自分の意思は自分で決定したいという人間心理です。人は、「こうして」と強要されるとそれとは反対の行動を取りたくなります

簡単にいうと天邪鬼ということですね。つまり、あからさまな好意を向けられて「好き、付き合って」と言われるよりも、心理的リアクタンスにより、「私に本気にならないでね」と余裕そうな態度を取られると、返って気になってしまうということです。

平常心でいることができれば、余裕があって落ち着いて見え、恋愛において魅力的に映ります。

追われる恋愛にできる

追う恋愛よりも、追われる恋愛になります。相手のことばかり気になっている状態では追う恋愛の状態に陥ってしまいますが、冷静になって平常心を保つことで、一旦追うことをやめることができます。

その上、毅然とした態度で振る舞えば、相手から魅力的に映るようになり、追われる恋愛になる可能性が高まります

冷静に客観視することが大事

今回は恋愛で平常心を保つコツとそのメリットをご紹介しました。とにかく客観的に、冷静になってみることが大切です。

そして、相手に振り回されなくなるようにするためにも、自分に自信を持ち、相手に依存することをやめることが何よりも大切です。その為にもこれまでお伝えしてきたような方法を実践してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!