セラピストインタビュー①-SHIN-東京の女性用風俗で働く現役人気セラピストへ直撃

このシリーズでは女性用風俗で働く人気セラピストにインタビューをしてゆくシリーズです。第1回目のインタビューは東京本店のShin(シン)さんに行いました。

今日は女性用風俗カンブリアで働く人気セラピストの1人である東京本店Shinさんにインタビューを行いました。とても真面目で優しいセラピストでリピート率がとても高いメンバーの1人との事です。

Shinのプロフィールはこちらをご覧ください。

アメリカ帰りのフレンドリーな好青年!少し天然な所がとっても愛くるしいです。親しみ易いので初めての方も楽しくご利用できます…

女性のお客様が口を揃えて『優しい』という少し天然でもある彼に人気の秘訣や思いを聞きました。


Q. セラピストになった背景は何ですか?

A. セラピストを志望した理由は、性の面から女性に尽くしたいという欲望が湧いてきたからです。社会での女性の活躍が要請される一方で、女性という人間に着眼したサービスがまだ不足していると感じていました。

特に、性欲という一番重要な本能的欲求を満たすサービスが主に男性に限られているのは不公平であり、時代錯誤であると思っていました。

自分の遊休時間をどう活用しようかと考えたときに、自分のために使うのではなく、自分の価値を最大限活かせることに使いたいと思いました。

そのとき偶然出会ったのが、女性用風俗業界であり、カンブリアという店舗でした。


Q. 研修はどの様に受けましたか?

A. 研修は、男性トレーナーと女性モニター、私の3名で行いました。入室からサービス開始までの流れの説明から始まり、各種マッサージの基本的動作をトレーナーから叩き込まれました。

逐次、女性モニターから感想を聞くことで、反省点と改善点を明確化することができ、独り立ちするまでの間に自分でトレーニングするのに役立ちました。

これまで付き合った彼女からも聞けない事もあって、自分では気づいていないけど実は女性が嫌がっていたり、喜んでいたりする事が多く、勉強になりました。

研修と言えば硬い雰囲気のものをイメージしてしまいますが、女性用風俗カンブリアでの研修はフランクで楽しいものであるため、研修という名にビクビクする必要はありません。

ただし法的な規制も厳しい業界なので、禁止事項などはしっかり叩き込まれ遵守しています。


Q. 最初にお客様に会う時は緊張しましたか?

A. 当然緊張しました。その場に助けてくれる人がいないこと、そして、自分のサービスに対してお客様からお金という対価を直接いただく経験をしたことがなかったので、当時の重圧は今でも覚えているほどのものでした。

ただ、新人かベテランかどうかを問わず、適度な緊張は必要だと考えています。緊張をするということは、それだけ神経を研ぎ澄ませてお客様と自分の心の声を聞こうとする姿勢そのものだと思います。

運転もお酒も慣れた頃が一番危険で重大なミスをすると言われますが、それはこの業界にも当てはまることだと思います。


Q. 本業もしているんですか?どのくらいのペースで仕事をしていますか?

A. はい、本業もしています。本業は週5日で、一日の平均勤務時間は10時間ほどになります。本業はメディア業界のため、朝・夜・深夜と不規則な勤務をしているので、決まった時間にセラピストとしての業務をすることができませんが、本業以外のすべての時間をセラピストとしての業務に割いています。

本業のシフトにもよりますが、週平均5日以上は、セラピストとして仕事をしています。


Q. どうやって指名を増やしてゆきましたか?

A. 女性用風俗業界で働く男性陣を見ていただければわかる通り、全員イケメンです。イケメンであることが普通な環境で、顔だけで勝負するのは分が悪いです。

目に見えない価値、それこそがセラピスト各自の強みであり個性なので、そこを素直にさらけ出していく事を心がけています。

女性のニーズは千差万別ですので、変にとりつくろうとせず、あるがまま自然体でいること。あるがままの私を求めてる女性が世の中にいるはずだと、常に思っています。

加えて、セラピスト自身がこの仕事を心から楽しんでいるかどうか。これは、必須要件となります。


Q. 女性用風俗カンブリアに入って何か変わりましたか?

A. カンブリアで働き始めて数ヶ月が経ちましたが、一番大きな変化は自分の存在意義を日々実感できているということです。会社での業務はある意味、誰がやっても結果は同じなことが多いです。

つまり、自分がその場にいても、いなくても何も変わりません。その反面、セラピストとしての仕事は私にしかできないものだと思っています。

お客様から指名をいただく度に、自分という存在が誰かに必要とされていると感じることができ、もっと女性に貢献していきたいという欲求が強まっています。


Q. 仕事をしていて1番嬉しい瞬間はいつですか?

A.もちろん、お客様の満足した表情を見たとき、お客様からありがとうと言われたときなどにも喜びを感じますが、私が一番嬉しい瞬間は、お客様が自身の弱みや悩みを自分に吐露してくれたときです。

同僚や友人、家族には相談できないことを私にしてくれるということは、私を信頼してくれている証拠だと思います。私はセラピストとして、あるがままに仕事に従事しています。

日常で被っている仮面を外して、女性用風俗という非日常のなかで、混じり気のないピュアなコミュニケーションを可能とする環境作りを常に意識しています。


Q. 逆に辛い瞬間はいつですか?

A.セラピストとして働く上で辛いと感じたことは正直ありません。ただ、お客様のさまざまな不満や悩みを聞く中で、女性に対してそのような扱い方をする男性がいるのかと、一人の男性として、憤りや苦しさを感じることはあります。

また、女性特有の性の悩みを解決できなかったなど、自分の未熟な技能に対して反省することもあります。


Q. 今後の目標を教えてください。

A.目標は女性が元気に日常に戻れるようなサービスを提供することだけです。そのために、日々自分の技能を磨いたり、女性についての知見を広げていくための勉強や経験を継続して行っていきたいと思っています。

指名数、売り上げなどは副産物であり手段に過ぎません。『女性を喜ばせる』とゆうセラピストとしての自分の役目を、これからもしっかりと果たしていきたいと思います。


Q. 今後セラピストを目指す方へ一言お願いします!

A.男性として、女性に求められること以上の喜びはないと思います。セラピストという職業は、その喜びを最大限味わえることができる仕事だと言えます。

ただ、性的サービスさえすればいいというような単純なものではなく、お客様個人の各種欲求を満たしてあげることが使命であるので、とても難易度が高い職業とも言えます。また性欲がコントロールできない男性は論外です。

しかし、その反面、チャレンジングな環境でもあるので、一人の男として成長したいと思っている方は、セラピストとして働くことをお勧めします。

この経験を今後の人生にどう活かすかはそれぞれ違いますが、あなたの人生でプラスになるとは思います。勇気を持って一歩を踏み出して下さい。

あなたと一緒にカンブリアで働けることを楽しみにしています。


カンブリア東京本店のホームページは以下をご覧ください。

女性用風俗カンブリア ~Camblia~

2019年グランドオープン!オープニングセール実施中!東京で話題の女性用風俗・性感マッサージ店です。現在全国へサービスを…

セラピストの応募は以下から行って頂けます。

新店舗続々出店中のカンブリアのセラピスト募集ページです!東京、横浜、千葉、大宮、宇都宮、前橋、水戸、名古屋、大阪でオープ…