バーから男性2人に声を掛けられて…初めて3Pを経験した私の体験記

私は以前から複数エッチに興味がありました。

そんな私が3Pをした時の体験談です。

バーでの出会い

私は彼氏がいないときは、よく1人でバーに行っていました。

お酒が飲めて、話し相手もいて、寂しさを紛らわすことができるからです。

女子の1人飲みはハードルが高いようにも思えますが、意外と少なくありません。

その日も仕事終わりに1人で飲みに行きました。

金曜日の夜だったので、ゆっくり飲めるぞ、とワクワクしていたのを覚えています。

いつものバーで飲んでいると、日付をまたぐ少し前に、男性2人組に声をかけられました。

2人は大学時代の友人同士で、この日は久々に再開してお酒を飲んでいたそうです。

20代半ばで年齢が近いこともあって、すっかり意気投合してお酒がすすみ会話も弾みました。

男女がお酒の席で話すのは、仕事の話や日頃の悩み、そして恋愛や性の話。

2人の男性がイケメンだったこともあり、少しエッチな話題にも花が咲きます

私はちょっとぶっちゃけた悩みを相談してみることにしました。

:「私、複数プレイに興味があって…」

私はお酒の勢いを借りて、3Pに興味があるとうちあけました。

男性2人:「俺たち複数でもセックスしたことあるよ」

すると、男性2人は以前3Pを経験したことがあるというではないですか。

私は話を聞かせてもらうことにしました。

2人はソフトSで、女の子を責めるのが好きだとのこと。

話を聞いているうちに、少しずつ妄想が膨らんでいきます。

興味津々で2人の話を聞いているとお誘いが。

男性2人「やってみる?」

複数プレイの経験のある男性ということや、話してみて好印象だったこともあり、私は3人でホテルに行くことに決めました。

3人でホテルへ

早速3人で近くのラブホテルに入りました。

少し広めの部屋に大きなベッド。

しばらくご無沙汰だった私は、ホテルに着くと急に緊張してしまいました。

すると男性の1人(以下Aさん)がソファーへ誘ってくれます。

男性A:「緊張してる?」

:「ちょっと……」

ソファーに腰かけ、Aさんと密着する体勢に。

男性B:「じゃあ、俺は先にシャワー浴びてくるね」

もう1人の男性(以下Bさん)はすでに上半身裸で、シャワーへ向かうところでした。

久しぶりに男性の裸を見た私は、少し興奮し始めていました。

男性A:「緊張しなくていいよ」

Aさんは私の肩をゆっくりと抱き寄せ、耳や頬のあたりを優しくなでてくれます。

それだけでぞくぞくして、体が熱くなっていくのを感じました。

男性A:「キスしていいかな?」

Aさんの優しい問いかけにうなづくと、ゆっくりとAさんの顔が近づいてきました。

いよいよエッチなことするんだ……

そう思うとどんどん興奮してしまい、アソコが疼きはじめました。

最初は触れるだけのキスだったのが、舌が絡められ、唾液の音が響く、濃厚なものへと変わり、もう頭の中は真っ白でした。

男性A:「俺、もうガチガチ」

そういってAさんは私の手を自分の股間へ導きました。

パンツの上からでもわかるほど勃起したアソコに触れると、より一層興奮しました。

男性A:「シャワー浴びるよね?」

そういうとAさんは私の服を脱がし始め、あっという間に裸になってしまいました。

最初は恥ずかしさもあったのですが、この後待っているエッチなことを考えると、興奮が収まりません。

Aさんも服を脱ぎ、Bさんの待つシャワールームへ向かいました。

3P動画を検索

はじめての3Pへ

2人の男性と私。

裸の3人がシャワーを浴びている様子が、非日常的で不思議な気持ちになります。

男性B:「洗ってあげる」

Bさんはボディーソープを手に取ると、軽く泡立て、私の肌をなで始めました。

胸や背中をぬるぬると洗われ、最初はくすぐったさに笑ってしまいました。

そうしているとAさんも私の体をまさぐり始めました。

乳首やおしりに触れられ、つい吐息が漏れてしまいます。

男性A:「気持ちいいの?」

いじわるなAさんの声と、4つの手のひらに翻弄され、私は声を抑えることができなくなってしました。

いつもと違うシチュエーション、さらに男性の4つの手のひらが私の体を責め始め、感じたことのない快感に、身を任せることで精一杯でした。

男性2人:「続きはベッドでしようか」

そういわれ、私たちはシャワーを済ませてベッドへ移動しました。

はじめての3Pで頭が真っ白に

ベッドに移動すると、2人の手が伸びてきて、優しく触れられました。

体のあちこちを柔らかなタッチでなでられ、体が反応してしまいます。

びくびくと体を震わせて感じていると、Aさんは、

男性A:「えっちだね」

といたずらっぽくささやきました。

男性2人に責められる初めての快感に翻弄される私。

Aさんは胸のあたりを、Bさんは太もものあたりを撫でまわします。

Bさんがクリトリスに触れた時、私は声を抑えることができず、あられもない声であえいでしまいました。

男性B:「ここ感じるんだね」

そういったBさんは、より私の敏感な場所を責め立てていきます。

:「イっちゃいそう」

私はあえぎながら、絶頂が近いことを伝えました。

男性A:「いいよ」

それを合図に、2人の責めが激しくなり、私はあっという間にイってしまいました。

男性B:「そろそろいいかな」

私のアソコは男性を受け入れる体制になっています。

四つん這いになった私に、コンドームをしたBさんが入ってきました。

私はもう頭が真っ白でした。

男性A:「こっちもいい?」

Aさんは私に自分のものを咥えるよう促します。

私は挿入されながらも、男性にフェラをしている状況にとても興奮しました。

男性A:「見てごらん」

Aさんは鏡を指さしました。

鏡に映った自分は、男性にくし刺しにされているように見えました。

その様子や自分が感じている姿を見て、非日常的で淫猥な光景にくらくらしました。

男性B:「気持ちいい?」

Bさんが私に腰を打ち付けながらききましたが、私はあえぎながらうなずくのがやっとでした。

するとBさんは挿入しながらクリトリスをなで始めます。

私はさらなる快感にすぐ絶頂を迎えてしまいました。

男性B:「イっちゃったの?敏感だね」

Bさんは腰をぐりぐりと奥深くへ押し付けながら、いたずらっぽく笑いました。

私がイったばかりにもかかわらず、Bさんはピストンを激しくしていきます。

:「だめ…激しい…」

激しく突かれ、さらなる快感が押し寄せてきました。

男性B:「俺もイっていい?」

Bさんのちょっと余裕のない声に興奮しながら、私は頷くと、Bさんは私の奥に腰を打ち付けました。

男性B:「すげー気持ちよかった」

2人に優しく頭を撫でられ、私はぐったりとベッドに倒れこみました。

男性A:「次は俺の番だね」

Aさんは優しく笑ってコンドームを付けます。

そのあとも、優しくSっ気のある2人に責められっぱなしで、私は今までになく乱れてしまいました。

3P動画を検索

3Pを経験して

3Pはアブノーマルなプレイだと思い込んでいましたが、そんなことはありません。

内容がそれほどハードでなくても、非日常的な快感がそこにありました。

3Pにおいて、大切なことは、状況を楽しむことだと思います。

複数の人に触れられる感覚は、日常ではなかなか体験できません。

いつもと違うシチュエーションを思い切り楽しむことで、より複数プレイの楽しみは広がるでしょう。

また、1対1のセックスとは違った充実感を得ることができます。

普段と違うセックスをすることにより、性生活を充実させるのは、とても良いことです。

今の性生活に満足していない方やもっと楽しみたいという方は、3Pをおすすめします。

以下では女性の欲望を赤裸々に解説しています。

関連記事

アダルトビデオがスマホで気軽に見られるようになり、『AVみたいな激しいセックスがしてみたい』と密かな憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか。 最近はアダルトビデオをみる女性も増え、様々なプレイに興味を抱いているのは女性も同じです[…]