【女性用風俗初心者の教科書】性感マッサージのリアルな体験記♪

初めて女性用風俗を利用した私の体験談です。

最初はとっても緊張しました。

私の体験談をかなり詳しく書いたので初めての人もこれを見れば全体の流れがわかります。

初めての予約

私は初めて女性用風俗に行きました。

その日はとにかく生理前からか、ムラムラしていて、オナニーしても面白くないし、気持ちよくない。夕方17時頃。

 

そこでたまたま前にテレビで放送されていた「女性用風俗」というワードを思い出した。

 

検索をしていると都内でたくさんの女性用風俗店が実在してた。

「もう今日しかない」と思い初めての女性用風俗に行く決意をした。

いろいろネットで調べてみたが、正直言ってわからない。

なのでお店に直接電話をして聞いて見ることにした。

 

受話器越しに男性の声がした。

女性用風俗
お電話ありがとうございます!●●店の●●です!ご予約ですか?
あの、、、初めて利用するんですが、、
女性用風俗
ご利用ありがとうございます!
(まだ利用するって言ってない、、、)
料金はいくらくらいになりますか?
Name
利用時間によりますが、オススメは120分コースです!その場合、だいたい総額で12000円~18000円くらいです!
(結構高いな、、でも今日利用するって決めたし予約しちゃおう)
わかりました。セラピストさんがたくさんいて選べないのですが、、
女性用風俗
こちらでオススメのセラピストを送るので大丈夫です!ご希望の年齢とタイプを教えて頂いていいですか?
筋肉質で、20代後半くらいの方がいいです
女性用風俗
場所はどちらになりますか?
新大久保でお願いします
女性用風俗
新大久保ですと、最短で40分後から利用可能ですがいかがですか?
では1時間後にお願いします
女性用風俗
かしこまりました!それでは新大久保のマクドナルドの前でお待ちください!待ち合わせ5分前にセラピストから電話をしますので合流してください
あの、、ホテルはどちらになりますか?
女性用風俗
ホテルはセラピストが選びますので心配入りません。ホテル代はお客様負担になるのですがホテルの予算はいくらくらいになりますか?
ホテルいったことないので相場がわかりません
女性用風俗
安いところで3000円代、一番高いところでも8000円くらいです。
できるだけ予算を抑えたいので5000円未満でお願いします
女性用風俗
かしこまりました!連絡用に電話番号を教えてください。

こんな感じでトントンと話が進んでゆき、初めての女性用風俗の予約ができた。

他にも、触られたくない場所や、性感帯などを聞かれた。

 

1時間後の待ち合わせに向けて早速準備を開始。初めての男性と会ってそのままホテルに行って性サービスを受けるということ私はとても緊張していた。

 

イケメンセラピストとご対面

新大久保へ向けて出発。

 

10分前に待ち合わせ場所であるマクドナルドの前に到着した。18:30頃で辺りは真っ暗。

ドキドキ…とても緊張していた。

 

「プルルルル、プルルルル」

 

携帯が鳴った。ビクッとして画面をみると知らない番号からでセラピストだと確信した。

 

「もしもし」
セラピスト
セラピスト:「もしもし、●●と申します。本日はご予約ありがとうございます。もう到着されていますか?どんな格好をされていますか?」
私:「ジーンズに肌色の帽子をかぶっています」
セラピスト
セラピスト:「あ、見つけました!今行きますね!」
はい…

 

そして、ジーンズにジャケットを着た1人の男性が近づいてきた。

少しホストっぽく、見た目はかっこいいなと思った。

 

セラピスト
あのー、●●さんですか?
はい
セラピスト
本日担当をさせていただく●●です。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

 

その後、私たちはホテルに向けて歩き出した。。。

 

セラピストとホテルへ向かう

セラピスト
ここからホテルまで歩いて10分くらいなので、行きましょう!
はい。ありがとうございます

 

ホテルに向かう途中もさすがプロ。

とても話し上手で、趣味の話や性サービスの業界の話などを色々してくれた。

最初はホストっぽいなと思ったけど、話し方はとっても丁寧で中身は真面目な人なんだなと思った。

 

ホテルに着くまで15分くらいだったが、私の緊張はなくなっていた。

そしてホテル街に入っていった。

すごく派手な建物が立ち並び、少し違和感を覚えた。

 

セラピスト
ここに入りましょう!
はい。

セラピストが紹介してくれたのは比較的落ち着いた外観のホテル。

恥ずかしがり屋の私を気遣ってくれたのだろうか。

確かにあまり派手なホテルに入るのは恥ずかしい。。

 

いよいよホテルに入る

ホテルに入るとそれぞれのお部屋の写真が表示されていて、セラピストが手慣れた手つきで部屋を選んでくれる。

 

受付とも料金の話を済ませてくれた。

 

セラピスト
ホテル代が合計で4200円の前払いでお願いします。
はい。ありがとうございます。

 

4200円を支払って、ホテルの中に入った。

また少し緊張してしまった。

 

セラピスト
靴をここで脱いで上がってください。

 

セラピストがわたいを部屋まで案内してくれた。

部屋は少しカラフルだけど、そこまで派手じゃないスタンダードな部屋。

浴槽も広く、ソファーやデスクもあり、初めてのラブホテルのクオリティに感動した。

 

ヒアリングスタート

セラピスト
じゃあまず、色々聞きたいことがあるのであっちの机で話しましょう。

セラピストはノートとペンを持って私に聞き取りを始めた。

性感帯、されて欲しくないこと、おもちゃの利用、アナル責め、クリ責めの有無などなど。

 

そして、コースの始まりから終わりまで、説明をしてくれた。15分くらいの雑談もしながらとてもリラックスできた。

 

甘いマスクで笑顔で説明してくれる彼を目の前に緊張が解け「早くこの人からエッチなサービス受けたい」と思っている自分に気がついた。

 

その頃には私のオナニーの話や、性感帯を恥ずかしがらずに話すことができた。全部笑顔で聞いてくれる彼には気を使わず話ができた。

 

私は次のような要望を出した。

  • Mだからどんどん責めて欲しい
  • イクまで止めないで欲しい
  • アナルに指を入れないで欲しい
  • クリいきと中いきの両方したい

 

セラピスト
じゃあまずシャワーを浴びてください。僕は性感マッサージの準備をしておきます。あとはこちらでうがいをしてください。
わかりました。
セラピスト
シャワーから上がるときはこちらのバスローブを羽織ってください。下着は全部脱いでくださいね。

 

そう言われうがい薬もらってシャワーを浴びにゆく。

シャワーを浴びながら「どんなことをされるんだろう」とワクワクしていた。

 

シャワーから上がると、セラピストが全てセッティングしてくれていた。

照明の明るさを落として、机の上にはおもちゃが置いてあり、性感マッサージで使いそうなローション、オイル、パウダーが準備されていた。

部屋を暗くしてくれていたので恥ずかしさはあまり感じなかった。

 

セラピスト
こちらにうつ伏せになって寝てください。

 

はい

そうしてベッドの上で寝そべり、いよいよ人生初の女性用風俗サービスのスタート。ワクワク。

 

いよいよマッサージへ

いよいよ性感サービスがスタートした。

セラピスト
まずはボディーマッサージをしますね、疲れてるところありますか?
足が痛いのでお願いします

 

タオルを羽織った状態で、上半身から始まり、肩や腰のマッサージを受けた。

通常のマッサージ店に引けを取らないくらい気持ちよかった。

その後、ふくらはぎ→足の裏→太もも→お尻の順にマッサージをしてくれた。

 

お尻を押す時にスポットに手が入ってタオル越しに彼の指が触れていた。揉まれる度に、私は少し濡れ始めていることに気がついた。

 

セラピスト
力加減はどうですか?
ちょうどいいです…

 

こうして20分くらいマッサージを受けた。マッサージ中も色々話しかけてくれt、体も心も十分にリラックスできた。

 

パウダー性感マッサージへ

 

セラピスト
じゃあ次はパウダー性感マッサージをしていきますね。
はい…

 

パウダー性感というのが何なのかわからなかったが、もうされるがままに返事をしていた。

 

またさらに照明を少し暗くしてくれた。

うつ伏せの状態のまま彼が私のタオルを解いた。まずは上半身にパウダーをかけられた。下半身はタオルで隠してくれていた。

 

パウダーがそっと体の上に乗って少しビクッとした。

そのパウダーの優しい香りに包まれながら、彼の手が私の体に触れてゆく。

そして体を舐めるように彼の指が私の体をなぞっていた。

 

上半身を撫でた後は徐々に下半身に手が伸びてゆく。

 

気持ちいい、ヤバイかも

 

彼の指が私の体全体を撫でていた。どこを触られているかわからない不思議な感覚だった。

 

そして手がお尻に届いた瞬間

 

「あぁ、」と声を出してしまった。

 

一瞬だが彼の指先がお尻の隙間から私のクリトリスに触れているのがわかった。もう我慢するのが精一杯だった。少しベッドが湿るくらいまで濡れていた。

 

セラピスト
じゃあ次は仰向けになってください

 

セラピストは明るさをさらに落として、ほぼ暗闇の中で私を仰向けにさせた。そして私の目にそっと目隠しをした。そしてタオルを解いて、パウダーをかけた。

 

また彼の指が体全体を滑ってゆく。乳房を少しづつ撫でながら、乳首に指が触れる。目隠しをされていて何をされているかわからない。

 

あぁぁぁぁぁ、はぁ、ああぁぁぁ

 

そして下半身にも手が伸びてゆく。太ももの内側を指でそっと撫でられ徐々にクリトリスに彼の指が触れてゆく。体がビクビクと反応する。

 

オイルマッサージ、オーガズムへ

 

セラピスト
じゃあいよいよオイルマッサージに入ります。

 

彼は目隠しをしたままの私をもう一度うつ伏せに戻してオイルマッサージを始めた。

 

乳房、乳首を舐められながら、脇の下や内太ももを舐められた。全身がオイルと彼の下で濡れて、頭が真っ白な状態だった。

 

お尻はオイルで濡れていて、彼の指がそっとお尻の隙間に入ってくる。

 

あああああああああぁぁぁ、はぁはぁはぁはぁはぁ

 

声を出しても彼は指を止めずにどんどんクリトリスに近づいてゆく。

そして彼の指が私のGスポットに入ってゆくのを感じた。

 

びしょ濡れになった私に指を入れてピストンを始めた。いつの間にか私は仰向けの状態で開脚をしていて、彼がクンニしているのが見えた。

 

もう真っ白でいつそうなったかわからなかったが彼は私のアソコを舐め続けた。

 

はぁ、はぁ、はぁ、あぁ、はぁ、あぁ、はぁはぁ、はぁ、はぁ

 

そして、彼は持っていたバイブのスイッチをつけてそれをクリトリスに当てた。乳首を舐められ、Gスポットに指を入れられ、バイブでクリトリスを刺激される。

 

あああ、もうやめて、だめええええ

 

性感マッサージは終わったが…

 

私は何度もオーガズムに達した。気がついたら彼が隣に寝そべっていた。

 

セラピスト
気持ちよかった?
うん

 

私も彼のペニスに触れたくなった。

 

触ってもいい?
セラピスト
いいよ

 

彼のペニスに触れながらその後もサービスを思う存分に楽しんだ。

コースの120分が終わった後、全身の力が抜けてゆく。

シャワーを浴びようと立ったが足が震えていた。

 

セラピスト
もう少しベッドで休んだ方がいいよ。ホテルの時間はまだあるから大丈夫。
ありがとう

 

そして15分くらい彼と話をしてホテルを後にした。帰りも駅まで送ってくれた。

 

セラピスト
僕はここで失礼します。またお会いできるのを楽しみにしています。
また指名します

 

 

少し寂しさを感じつつ、また彼との再会を楽しみにして、私たちは別れた。

こうして私の始めての女性用風俗は終わった。

今までしたどんなセックス よりも気持ちよかった。

終わった後は心も体もスッキリして、夜もぐっすり眠ることができた。

 

そして女性用風俗という割り切った関係でいられるのも気楽でよかった。

以上、私の始めての女性用風俗体験記でした。

みなさんの参考になれば嬉しいです。

 

女性用風俗の予約は下記からできます。