初心者に優しい先端部分だけを挿入できるクリバイブ!?可愛いイロハのユキダルマ!

ラブグッズに興味はあるけど、「何だか怖いし、何より注文するのが恥ずかしい!」と思っている女性も多いと思います。

  • 何を買ったら良いのか分からない。
  • 買うのが恥ずかしい。
  • 友達が来た時に見られたらどうしよう…。

そんなことを考えると、買うのをためらってしまいますよね。

興味はあるのに踏み出せない、そんな方のために、見た目も可愛くて、ラブグッズ初心者も安心して使える商品をご紹介します。

それがイロハシリーズの「ユキダルマ」です。

ユキダルマの使い方

「ユキダルマ」はスイッチを入れると振動するローターの一種です。

自分の好みの強さを選んで、乳首やクリトリスに当てて楽しみます。先端部分をいろんな角度から当てるのも良いですし、「ユキダルマ」本体全体をデリケートゾーンに当てて刺激するのも良いでしょう。

非常に柔らかいので、クリへの刺激が強いと痛いと感じる方も痛みなく使うことが出来ます。またクリイキが好きで慣れている女性も3段階の強さから選べるので、十分満足することが出来るでしょう。

また、「ユキダルマ」のサラサラとしたちょっと冷たいような肌触りによって、今までとはまた違った気持ちよさを味わうことが可能です。

「ユキダルマ」が普通のローターと違うのは、先端部分を中に挿入することが出来るところです。奥までは届きませんが、奥で味わうのとはまた違う、浅い部分、入り口付近でのむずむずするような気持ちよさを知ることが出来ます。

また、奥までラブグッズを入れるのは抵抗があるという方も、「ユキダルマ」をバイブを使う前段階として使ってみてはいかがでしょうか。

ユキダルマ ¥7,700(税込)

購入はこちら

どんなところが魅力なの?

イロハの公式サイトによると、「ユキダルマ」を実際に使ってみたモニターの95%が高評価をつけています。

(引用 「iroha CONTENTS」 : https://iroha-tenga.com/review/2595/)

なぜ「ユキダルマ」がこんなにも高評価なのか、その理由になっている「ユキダルマ」の魅力についてご紹介しようと思います。

(1)見た目が可愛い!

「ユキダルマ」の魅力はなんと言っても、その見た目です。

デザインが可愛らしく、縦82×横57×高さ38mm と手のひらに収まるサイズなので、言われなければ誰もラブグッズだとは思わないでしょう。手触りもふんわりスベスベでまるで高級な和菓子のようです。

これなら、家に人が来て見つかってしまっても、「ユキダルマ」知ってる人以外にはラブグッズだと気づかれる心配がありません。

(2)操作が簡単

「ユキダルマ」はスイッチが2つあるだけのシンプルな設計です。複雑な操作がないので、誰でも簡単に使うことが出来ます。

(2)高機能

こんなに可愛らしい見た目にも関わらず、「ユキダルマ」には3段階+1パターンの計4種類の振動が搭載されています。ラブグッズを使うのが初めてという方はまず一番弱い振動から始めて、自分の気持ち良いレベルを探してみましょう。

(3)清潔

防水設計なので、使ったあとのお手入れも簡単です。また、アンチダストコーティングが施されているので、ホコリもつきにくく、いつでも清潔に使うことが出来ます。

(3)音が静か

性能は良いけれど音が大きかったら、恥ずかしいですし、隣人に聞かれるんじゃないかと心配になったりして、集中して楽しめませんよね。

購入したのに、予想以上に音が大きくて使えないのは残念です。「ユキダルマ」はイロハでも今までにないほどモーター音が静かで、振動を最大にしても携帯のバイブ音程度です。

これまでラブグッズを購入するに当たって音の大きさを重視する女性は多いと思いますが、「ユキダルマ」なら安心して使えます。

(4)使いやすい

「ユキダルマ」は充電式なので、電池交換の手間がありません。コンセントとUSBのどちらでも充電することが出来ます。また、収納ケースに充電機能が付いているので、使いたい時にすぐに使えて便利です。

(5)保証付き

1年間のメーカー保証が付いているので、万一壊れてしまった場合にも修理して貰えます。女性の購入者には女性のオペレーターが対応してくれるのも嬉しいですよね。

まとめ

身体が求める気持ちよさに従うことは、決して悪いことではありません。「ユキダルマ」は女性も罪悪感を捨てて気持ちよさを積極的に求める手助けをしてくれます。

オーガズムを味わうと、エストロゲンやフェネチルアミンといった女性ホルモンが増加して、肌や体型が美しくなると言われています。

内側からの女磨きの第一歩として、「ユキダルマ」を使ってみませんか?

ユキダルマ ¥7,700(税込)

購入はこちら

最新情報をチェックしよう!