バレンタインデーの歴史知っていますか?

昨日はバレンタインデーでしたね。

みなさんは誰かにチョコあげましたか?

さて、バレンタインデーって何でチョコをあげるのでしょうか?

今日は2月15日で遅いですが、、少し気になったので調べて見ました。

なぜ2月14日なのか?

バレンタインの歴史は、紀元前の古代ローマ帝国時代まで遡ります。

2月14日は、ユーノーの祝日だった見たいです(ユーノーの祝日は何なのかは不明)。

ユーノーとは、ローマ神話で登場する結婚と出産の神様だそう。

そして2/15はお祭りが開かれていました。

ルペルカリア祭と呼ばれるものでし。

このお祭りがなかなか面白いです。

当時は若い男女は生活が別々だったが、このお祭りの前日(2月14日)は、女性が名前を書いた札をボックスに入れて、翌日(2月15日)に男性が札を引き、書いてあった女性とお祭りの間は一緒にいることがルール付けられていた。

この半強制的なルールであったが、日頃男女の生活が別々なのもあり、多くのカップルが誕生したそうです。

なぜチョコレートを渡すのか

なぜチョコレートを渡すのかについては歴史との繋がりはほとんどありません。

もともとローマ神話から誕生した習慣ですが、日本がこれを行い始めたのは1950年代と言われています。

そんなに歴史は長くないですね。

なぜチョコレートかは不明ですが、バレンタインデーは上で紹介したお祭りのように「男女が愛を誓う日」として認識されたので、「愛を誓う=贈り物を送って愛情表現をする」という風に解釈されたようですね。

女性用風俗は以下から予約できます。

カンブリアの予約はこちらからお願い致します。東京・横浜を中心に人気急上昇中の女性用風俗・性感マッサージ・エステ店。イケメ…